うつ病のことは専門医にお任せ【心療内科で一度チェックを受けよう】

サイトメニュー

ナース

タイプ別に異なる症状

抑うつ気分が長期間続く大うつ病性障害をはじめ、双極性障害や季節性など、うつ病には様々なタイプがあります。ストレスを上手く発散できない人が大うつ病性障害に罹りやすい方の特色ですから、気になることがあれば、早めに精神科でチェックを受けましょう。

詳しく見る

男の人

症状を悪化させないために

仮面うつ病や老人性のうつは、うつ病だと気付かずに治療が遅れることが多いので、重症化を防ぐためにも精神科や心療内科でチェックを受けることが肝心です。ネットのうつ病チェックの回答結果を印刷などして医師に見せれば、自分の病状を手軽に伝えられます。

詳しく見る

カウンセリング

一人で悩むのは止めよう

うつ病チェックは、できるだけ精神科で行うように気を付け、また、光トポグラフィーのうつ病チェックを受ける時は、一生懸命頭を使うように留意しましょう。精神科のうつ病治療で中核を成すのが薬物治療であり、精神療法は再発予防にも役立ちます。

詳しく見る

医者

睡眠障害が見られる時は

睡眠時無呼吸症候群も疑われるうつ病なら、眠りの質のチェックや、睡眠衛生指導を受けられる精神科を選ぶのが得策です。うつ病の人とは適度な距離で、見守るように接するのが大切であり、うつ病になった原因を聞くなど、心の患部に触れないようにしましょう。

詳しく見る

ハート

治療費の相場と予防法

うつ病の治療費はクリニックや症状によって少しずつ異なります。日頃から規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事を心が、心身を健康に保つことがうつ病の予防につながります。症状をチェックし、いつもと違うと感じたら、受診するのがおすすめです。

詳しく見る

こんな時は専門医に相談

男の人

早めの治療なら治りも早い

日常生活でストレスがたまり過ぎるとうつ病を引き起こしやすくなりますが、その症状から心の病気とも呼ばれています。ところが心にだけ症状が現れるとは限らず、腹痛や頭痛などの身体症状も併発しやすいのが特徴です。それらの症状も時間帯によって具合が違うのも特色で、一般的なうつ病では起床後の朝が特に優れず、夕方頃に掛けて落ち着いてきます。ですからもしもうつ症状を自覚した時は、これらの特徴があるかチェックして、当てはまる時は早めに精神科で診てもらいましょう。また、この病気は意欲が低下するという特性もあり、これまで好きだったことに関心を示さなくなったり、趣味を行っても感動や喜びを感じられなくなったりします。そのうえ集中力も下がっていくため、家事や仕事の効率がガクッと落ちてしまうのです。しかし、うつ病には身体症状に特化した仮面うつ病というタイプもあり、精神的にはそれほど変化が見られないので、うつ病だと気付き難くなっています。現れる身体症状も肩こりや頻尿も含めて実に多彩なため、通常の内科に通っても症状が回復しない場合は、心療内科で一度チェックを受けると良いでしょう。初期段階ではうつ症状もそれほど強くないため、頑張れば日常生活に支障を出さずに暮らせます。このため、何とか努力して乗り切ろうと考えがちですが、無理を続けていくうちに病変がどんどん進み、重症化を招くのが典型的なパターンです。症状が軽ければ黙視できても、病状が悪化すれば精神的にも肉体的にも辛くなります。ともすれば自らで人生に終止符を打ちかねない病気ですから、決して油断ならないことを基礎知識として押さえておきましょう。とはいえそんなうつ病も、早めに病院で治療を始めれば、少量の抗うつ剤や、場合によっては薬もなしで改善できるケースが見られます。なかには精神科でうつ病チェックを受け、うつ病と確定されたことで心のモヤモヤが取れ、気分がスッキリすることもあるのです。また、医師に辛い境遇を話して共感してもらうだけでも心が和らぐなど、専門医を受診するメリットは少なくありません。そこで、うつ症状を感じた時は我慢せず、とりあえず精神科医や心療内科医のうつ病チェックを受けてみましょう。その際、精神科へ入るのに抵抗がある場合は、メンタルクリニックを利用するのが豆知識です。