うつ病のことは専門医にお任せ【心療内科で一度チェックを受けよう】

サイトメニュー

睡眠障害が見られる時は

医者

心の患部に触れてはダメ

睡眠障害はうつ病の顕著な症状ですが、朝起きてもまるで熟睡した感じがしない時は、睡眠時無呼吸症候群の疑いもあります。そこでうつ病治療の精神科を選ぶ際は、睡眠ポリグラフ検査などが受けられるクリニックを選びましょう。この検査では睡眠時の呼吸リズムや、眠りの深さなどをチェック可能で、異常の有無を科学的に判定できます。精神科や心療内科では睡眠時無呼吸症候群の治療に力を入れているクリニックもあるため、ホームページをチェックして、取り扱っているか調べてみましょう。睡眠時無呼吸症候群を発症していると抗うつ剤の効き目が薄くなるとも言われていますから、この症状の治療に強いクリニックを選んだ方が良い訳です。そして、睡眠衛生指導を行っているクリニックも有力な候補になるので、不眠を伴ううつ病にお困りの際は、それも基準に加えると良いでしょう。このほか、薬物治療は医師と二人三脚で取り組みますから、信頼できるドクターを選ぶことも肝心です。うつ病治療は治った後の減薬工程も大切であり、医師との信頼関係を築いていれば、離脱症状を抑えて減薬しやすくなります。病気に対する理解を持つことが、うつ病に罹っている方と上手に接する秘訣ですから、自分の主張や一般論を基に、励ましたり説得したりしないようにしましょう。うつ病は脳の働きが低下する病気のため、励ましや説得をされても頑張ることができず、不甲斐ない自分を責めはじめてかえって症状を悪化させます。また、必要以上に干渉するのも良くないため、どうしてうつ病になったのかなど、心の患部に触れないようにしてあげてください。そのうえ判断力が下がっているので、大したことないと思われる用件でも、決断などを相手に求めるのは控えておきましょう。そして、生活を共にするご家族なら、処方薬の種類や分量などをチェックして、服薬のサポートをします。さらに精神科へもできるだけ付き添い、医師の話を一緒に聞いてうつ病に対する知識を深めるのが肝心です。自分の患者に対する接し方をチェックして、不安に感じることがあれば、精神科でアドバイスをもらっておきましょう。うつ病からの脱却は家族の協力が不可欠なため、家庭環境が良好になれば治療効果も高まります。早く治りたいという患者の願いを尊重して、近過ぎず離れ過ぎず、適度な距離を保って見守るように接してください。