うつ病のことは専門医にお任せ【心療内科で一度チェックを受けよう】

サイトメニュー

症状を悪化させないために

男の人

病状を手軽に伝える方法

病気に気付かなければ治療を受けることもありませんから、放置した分だけ症状が進行します。うつ病も例外ではなく、特に仮面うつ病は身体疾患がメインになるため、患者本人も精神面の病気とは気付きにくいのが難点です。レントゲンなどでどんなに調べても結果に異常はなく、症状だけが現れているという場合も多々あります。うつ病である以上、それを治さなければ身体疾患も改善しませんから、うつ病だと気が付いて正しい治療を行うためにも、うつのチェックを受けた方が良い訳です。身体症状がメインなら心療内科が専門なので、一般内科で良くならない時は、専門医にチェックしてもらいましょう。また、老人性のうつも認知症と間違えられるケースが珍しくないため、治療が遅れがちになります。早く治療すれば治せる病気ですから、早期治療を行うためにも、おかしいと感じた時は精神科の受診を検討してください。どの場合も軽症のうちに治せば重症化を防げるので、できるだけ早くうつ病チェックを受けておきましょう。ネットにはうつ病チェックができるサイトも数々あり、それをキッカケに精神科で治療を受ける方も増えています。病院の初診では、体調や精神状態を医師に細かく伝えねばなりませんが、その際はネットのうつ病チェックを活用すると便利です。メンタル面から日常生活に至るまで、多彩な設問が用意されていますから、その回答データを印刷して受診当日に持参すれば、病状を手軽に伝えられます。うつ病に罹っている時は要点をまとめる作業も大変になるため、ネットのチェックシートを役立てると良いでしょう。中には回答結果を自分のメール宛てに送信できる場合があるので、そのサイトを利用すれば、プリンターがなくても医師に結果を見せられます。一方、現在では、脳の血流を調べる光トポグラフィーという検査設備を導入する精神科も多くなってきました。このうつ病チェックは問診だけでは断定できない場合にも用いられ、うつ病と総合失調症および双極性障害などを、6割から8割の確率で判定できるようになっています。