うつ病のことは専門医にお任せ【心療内科で一度チェックを受けよう】

サイトメニュー

タイプ別に異なる症状

ナース

柔軟な思考の有無もカギ

食事も含め、あらゆることに興味を失うのが大うつ病性障害の特徴で、抑うつ気分も半月以上持続します。精神科でチェックを受けてうつ病と診断された場合、多くの方がこのタイプに分類されるのも特色です。大病を予感させる病名ですが、一般的なうつ病の正式名称なので、重篤症状といった意味合いはありません。そして、抑うつ気分だけが生じる大うつ病性障害に対し、行動力と意欲が高ぶる躁状態も現れるのが双極性障害です。躁状態の時は気分が充実しており、本人的には何ら問題を自覚できませんが、行き過ぎた行動が浪費や怪我に直結するため、放置して良い病気ではありません。双極性障害にも種類があり、暴力行為もいとわないなど、躁状態が激しく現れるのが1型、そこまで強烈に現れないのが2型です。また、抑うつ状態と躁状態が目まぐるしく入れ替わる、ラピッドサイクラーと呼ばれるタイプも存在します。そのほか、夏が終わってから春を迎えるまで、期間限定で発病するのが季節性のうつ病です。現れる症状は個々で違いますから、気になる点を自覚した時は精神科でチェックを受けましょう。何ごとも自分一人で抱え込む人が、大うつ病性障害に罹りやすい方の特徴で、責任感が強ければ発症リスクはさらに上がります。しかし、性格的な要因を抱えていても、ストレスを上手く発散できれば、発病リスクを下げられることも事実です。そのため、ストレスの緩和方法を知らない人、あるいはストレスを受け流す柔軟な思考に欠ける人が、うつ病に罹りやすい方の特色でもあります。ただし、遺伝や生活環境、もしくは幼児体験など、不可抗力な部分に要因がある場合はこの限りではありません。一方、朗らかでユーモアのセンスもありながら、興奮しやすい人は、双極性障害に罹りやすいとされています。特に、落ち着きを失って何度も外出したり、金使いが荒くなったりするのはこの患者の特徴ですから、それらをチェックして該当する時は精神科で相談しましょう。また、本人は無自覚の場合が多いので、ご家族の方がチェックして、おかしいと感じた際は病院での診察をすすめるのも得策です。しかし頭の回転は意外に速く、自分の要求を通すことに拘りますから、すんなり首を縦に振るとは限りません。